ダイハツ工業は燃料電池車のコンセプトカー「FC 凸 DECK」を「東京モーターショー」に展示した。他社が水素燃料での実用化を狙う中、同社は使い勝手の良い液体燃料にこだわっている。ボトルを交換する方式で液体燃料を補給する。前回のモーターショーに展示した「FC 商CASE」は水加ヒドラジンを燃料にしていたが、今回はジアミノウレアも燃料として想定していることを明らかにした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!