日本TIが腕時計型のパルス・オキシメータを展示、同社のアナログ・フロントエンドICを活用

2013/10/08 11:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、2013年10月1~5日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2013」において、腕時計型のパルス・オキシメータを展示した。同社が同年に発売したアナログ・フロントエンドICをアピールするための試作品である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング