シャープ、空気中の微生物を約10分で検出するセンサを展示

2013/10/08 10:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 シャープは、2013年10月1~5日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2013」において、空気中の微生物(カビ菌、細菌)を約10分で検出する微生物センサを展示した。同年6月に同社が開催した新規事業分野の取り組みに関する記者会見でも、試作品を披露していた。今回展示したのは、市場投入する最終製品の形状にしたものである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング