韓国Samsung Electronics社は、SoC(system on a chip)向けのプレーナ(平面)トランジスタを、14nm世代以降へ延命できる可能性があるとの見方を示した(論文番号3.5)。従来、14nm世代以降では立体トランジスタ(FinFET)が必須との見方が支配的だったが、「FinFETを使いたくないという顧客がいればその声に応えられるように、開発を進める。基板バイアスによってしきい値電圧を動的に制御できるプレーナ技術の長所を容易には捨てられない」(Samsung社の発表者)とした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!