川口 ベンチャー企業では、シーズアウトが強過ぎることもよくありますよね。一つの要素技術だけですべてを解こうとすれば、未来技術にはなる。でも、収益のリターンを考えると、コストや納期などでいろいろな「合わない」が出てきます。もちろん、ほかの技術と組み合わせたときに「その要素技術を磨いておいてよかったね」ということになる場合はあるけれど。

 最後のステップでは、すべて自前の技術でスタンドアローンで構築するけれども、取りあえずイグジットの段階ではほかの技術を使いながら現実解を用意していますということだと分かりやすい。でも、なまじ自前の技術が優れていると、どうしても横にあるほかの候補を見なくなってしまいがちですね。システム的な発想に弱いというところなのだと思うのだけれど。

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)
1984年、慶應義塾大工学部卒、イリノイ大学修士課程修了(化学専攻)。 技術とイノベーションの育成に関するエキスパート。付加価値となる商品サービス機能の独自性の根源を、文化的背景と体系的に紐付けたユニークな方法論を展開する。その代表的著作『オタクで女の子な国のモノづくり』(講談社BIZ)は、技術と経営を結ぶ良書に与えられる「日経BizTech図書賞」を受賞し、英語、韓国語、中国語、タイ語にも翻訳される。台湾、韓国では、政府産業育成のための参考書として選ばれ、詳細なベンチマーク報告書が作成される。心をつかむレクチャーの達人としても広く知られる。TEDx TokyoにおけるToilet Talkは40万回再生という異例の反響を得ており、Yahoo Japanの動画サイトでは世界の傑作プレゼンテーション・ベスト5に選ばれる。世界的な戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにおいて、アソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。国内のみならずアジア各国の政府機関からの招聘を受け、研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

山本 そうですね。例えば、今回の特集記事でも3Dプリンターで生体をつくるという話がありました。以前から、いろいろなところで取り組んできている技術です。一方で、セラミックスに細胞を吹き付けるというアプローチもあって、その方がコストが安いという見方が最近は一般的になっています。

 ナマモノを3Dプリンターで組成するなんて難易度の高いことをやらなくても、セラミックの穴を通じて細胞が成長していき、セラミックの型を吸収しながら組織が置き換わるほうが圧倒的に効率がよく成功率も高くて品質も良いわけです。

 さまざまな分野で複数の技術候補が存在しているわけで、自前の技術に加えて、周囲にあるほかの技術候補を現実解として取り入れていくような柔軟な発想も必要なんですよ。

 技術評価というのは、そういうところが大切なんだと思います。代替案としてのほかの実現手段と見比べて、テクノロジーのROI(投資対効果)がどこまで読み込んであるか。ほかの方法で十分対応できるのであれば、現状でこの方法である必要はないでしょうという話に必ずなりますよね。

今井 実は、日経ビジネスでも最近、ハードウエアベンチャーの特集をやっていました。でも、すごく本格的に盛り上がっているというより、今のところバブルの香りがする印象なんでしょうか。

山本 だって、オリジナリティがあって海外でもイケてるハードウエアベンチャーは、せいぜい2ダースくらいだと思いますよ。今は、コマ不足もあって相対的にメディアに取り上げられやすいというところはあるのかもしれないですね。