山本 いいクライアントとしての大企業、もしくはパートナーとしての大企業というのはやはり重要だと思います。

 お金を供給してくれて、売ってくれて、大企業のサービスと組み合わせて事例を積み重ねてくれる。日本型のインキュベーションというのは、単にお金を出すということではなくて、そういうリレーションシップの中から、技術を磨いたり、マーケティングでご一緒しながら事例を積み上げサービスや技術をより良くしていく仕組みにあるんじゃないかと思うわけです。

山本 一郎(やまもと・いちろう)
1973年東京生まれ。1996年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。国際電気(現・日立国際電気)入社後、調査会社、外資系証券会社調査委託などを経て、2000年、IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行うイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を設立。ベンチャービジネスの設立や技術系企業の財務・資金調達など技術動向と金融市場、各種統計処理や分析業務に精通。また、対日投資向けコンサルティング、投資ファンドを設立。著書に『ネットビジネスの終わり (Voice select)』(PHP研究所)、『投資情報のカラクリ』(ソフトバンククリエイティブ)など多数。日本随一の時事・経済系ブロガーとしても知られ、産経デジタル『iRONNA』、ヤフーニュース『無縫地帯』、扶桑社『ハーバービジネスオンライン』など多くのウェブ媒体に時事解説を寄稿しており、有料メルマガ『人間迷路』を発行。2013年都市型高齢化検証プロジェクト『首都圏2030』を立ち上げ、現在東京大学客員研究員も務める。三児の父。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

今井 今回、鎌田(富久)さんへのインタビューは紙の誌面には載せ切れなかった ロングバージョンを日経テクノロジーオンラインに掲載しています。(インタビュー「頼みは若い人のエネルギー、ベテランはサポート役を」)

 その中で、クラウドファンディングで資金を集める企画が大企業に勤める若手から出てきているという話題が出ました。例えば、トヨタの社員が勤務時間外にやっている「空飛ぶクルマ」。ソニーも、やっています。ただ、そこで集める資金はたかが数百万円程度なのに、なぜ会社で出さないんだと。

山本 でも、社内の人間さえ説得できないことをクラウドファンディングでやって、うまくいくんでしょうか。もちろん、夢があって、必要だと信じたことをやるのは構わないんですけれども。

 ファッションでやる分には、「あれは面白かったね」「ナイストライだったね」で終わればいいんですけど。問題なのは、クラウドファンディングでのチャレンジを取り上げて、「こんなに夢のある話に日本の大企業はカネを出さない。ひどい話だよね」というような否定的な話題になりがちなことです。それは、お門違いですよね。

 どこの会社でもいるじゃないですか。「俺がこんなに面白いことを考えたのに、会社で企画が通らない。会社の頭は固い」という社員が。でも、それならば会社の外でやろうという話になったときに、お金がなかなか集まらない。「やっぱり、その企画自体に問題があるよね」ということの方が実際は多いわけです。「会社ではできないから外で」という挑戦の気持ちは大切なんですけれど、限度はあります。

 最後までやり通す根気は当然のことながら、何らかの勝算であったり、「これならいける」という具体性が付随してないと、単なる世間知らずの売名行為で終わってしまいます。