川口 その判断を脳波でやるんだよ、きっと。ドライバーは「どうしよう?」と悩む。さすがに寝てると困るんだけどね(笑)。

 100歩譲って寝てたとしても、最低限の情報だけが脳に入力されて判断を待つというイメージかな。「自動運転の責任問題を回避するために、責任だけを何とか人間から取り出す方法って何だろう?」ということは開発案件になるでしょう。もちろん、自律走行社会が成り立つ条件は、それだけではないだろうけれども、「そのときにトランジスタは何ができるか」ということ。

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)
1984年、慶應義塾大工学部卒、イリノイ大学修士課程修了(化学専攻)。 技術とイノベーションの育成に関するエキスパート。付加価値となる商品サービス機能の独自性の根源を、文化的背景と体系的に紐付けたユニークな方法論を展開する。その代表的著作『オタクで女の子な国のモノづくり』(講談社BIZ)は、技術と経営を結ぶ良書に与えられる「日経BizTech図書賞」を受賞し、英語、韓国語、中国語、タイ語にも翻訳される。台湾、韓国では、政府産業育成のための参考書として選ばれ、詳細なベンチマーク報告書が作成される。心をつかむレクチャーの達人としても広く知られる。TEDx TokyoにおけるToilet Talkは40万回再生という異例の反響を得ており、Yahoo Japanの動画サイトでは世界の傑作プレゼンテーション・ベスト5に選ばれる。世界的な戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにおいて、アソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。国内のみならずアジア各国の政府機関からの招聘を受け、研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

山本 そうなんです。そうです。だから、エレクトロニクス業界ができることは本当にたくさんあって。

川口 だから、やはり世界観が大切になっているんです。「その世界観が正しいかどうか」は、会社が掲げるビジョンなんです。もちろん、「すべてを自動でやる」という世界観でもいいし、いろいろあっていいんじゃないですかね。

今井 確かに、キーワードとしての「自動運転」だけが流行している雰囲気はありますね。でも、そういうビジョンは欧米の大手会社にはあると思いますか。

川口 ない、ない。欧米だって、ないよ。でも、ある日突然、天才は現れないわけで、問題は尖った集団が現れる可能性が日本は低いのではないかということですね。

山本 それは、ある意味、プリンシプルなんです。その会社が持っている固有の判断規定のようなものが不文律で根付いている。グーグルはできて、なぜトヨタ自動車はできないんだとか、その逆もまた然りで。企業はその企業の持つ実現するべき固有の価値観に向かって、みんな動いているわけですよね。問題は、IoTというようなバズワードで逃げていることです。繰り返しになりますけどIoTは単なる概念であって、それが流行したからといって、彼らの固有の価値である「安全で高品質な車づくり」には本質的に何も影響しないはずです。

川口 それは「エコロジー」と同じだよね。

山本 「地球にやさしい」と言って、逃げるんですよ。もちろん、消費者のニーズにきちんと応えていますよ、というメッセージはあるでしょうが。

川口 そう言っておけば大丈夫だと。

今井 そういう意味では、多くの会社にはプリンシプルがありますよね。自動車メーカーも世界観も持っていそうな気がします。

山本 でも、自動車メーカーはやらないんですよ。本当に自動車メーカーに新しい先進技術があって、IoTを使った自動運転技術を実現しようとするならば、本来はより交通システムの方に入り込んでいかなければならないわけですよ。

 例えば、道路の作り方一つをとっても、クルマ側の要請に対してセンサーがきちんと反応するような仕組みをつくるべきですよね。要は、「日本全体を便利にして、安全に自動運転できるようなインフラをつくるために自動車メーカーはもっと投資しましょうよ」ということです。でも、必ずしもそういう方向への投資は積極的にならない。