近距離無線通信規格「Bluetooth」の仕様策定と普及活動に取り組む業界団体「Bluetooth SIG」は2015年1月23日、「Bluetooth 4.2」についての記者説明会を東京で開催した。Bluetooth 4.2は米国時間2014年12月3日に発表されたばかりのBluetoothの最新仕様(リリース)。説明会では、Bluetooth SIGのSenior Director of Brand & Developer MarketingであるErrett Kroeter氏が登壇し、Bluetoothの普及状況とともにBluetooth 4.2の特徴を解説した(写真1)。

写真1●Senior Director of Brand & Developer MarketingのErrett Kroeter氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Kroeter氏によると、Bluetooth 4.2の強化ポイントは大きく3つあるという。

 1つはプライバシーとセキュリティの強化。米NIST(National Institute of Standards and Technology:国立標準技術研究所)が策定した米国連邦政府の調達基準「FIPS(Federal Information Processing Standard)」に準拠しており、Bluetoothを介した不正なトラッキング(追跡)を防ぐ機能を備えているという。例えば、Bluetoothデバイスを持ってショッピングしている最中の行動について、ユーザーが明示的に許可しない限り、Beacon※1を使ったトラッキングをできないようにする。

※1 Bluetooth 4.0で実装された位置特定技術およびその技術を採用した発信装置のこと。BluetoothデバイスはBeaconが発信するメッセージに応答することで自らの位置を通知するとともに、割引クーポンなどの各種情報を受け取ることができる。

 2つ目は転送速度の向上。Bluetooth 4.2は、Bluetooth LE(Low Energy)※2のパケット容量をBluetooth 4.1の10倍に増やした。これによって、データ転送速度は最大でBluetooth 4.1の2.5倍まで向上するという。

※2 Bluetooth 4.0以降に追加された低消費電力モード。Bluetooth LE自体はそれ以前のBluetooth規格との相互運用性は持たないが、Bluetooth 4.0準拠のデバイスは、Bluetooth LEとともに4.0より前のBluetooth規格に準拠したデバイスとも相互運用性を持つように実装されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!