いよいよ今年中に、燃料電池車の一般販売が開始される。普通の自動車と同様の走りのように見えて、水しか排出しない自動車の映像が、最近頻繁にニュースで流れている。ここまでの長い道のりを考えると、自動車メーカーのたゆまない努力に頭が下がる思いである。

 世界に先駆けて燃料電池の商用化を果たした日本は、世界における燃料電池関連の特許出願数の6割を占め、今後の水素社会をリードする存在でもある。日本にとっても、この分野は今後の日本経済の牽引力として期待が持てる技術領域であり、燃料電池車の発売開始は明るいニュースだ。

 2014年12月15日に燃料電池車の販売を開始するのは、トヨタ自動車である。車体価格は720万円ほど(補助金付きで520万円程度)で、3分程度の水素充填で約650kmの走行が可能としている。ホンダは2015年度中、日産自動車は2017年の発売開始を目標としている。

トヨタの燃料電池車「MIRAI」

燃料電池車、普及の課題は車体価格

 水素ステーションの設置など、社会インフラの整備が、水素自動車普及に向けた課題と指摘されている一方で、技術の面で見ても、水素を安価に製造する技術や、扱いにくい水素ガスを貯蔵・輸送する技術など、いまださまざまな関連技術は開発途上である。これから解決すべき課題はまだまだある中で、普及に向けて大きな課題と言われているのが車体価格である。

 燃料電池車の価格が下がらない理由の一つに、燃料電池の触媒として大量の白金(プラチナ、Pt)を利用していることがある。小型の燃料電池自動車でも数十g、大型では150g前後の白金を利用しているという。白金は貴金属の王様と言われ、1gの値段は約4500円(2014年11月現在)であり、単純計算でも、燃料電池車価格のうち、数十万円は、白金のコストとなる。その使用量を下げない限り、大幅な価格低減が難しいとの見方が強い。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!