日本発・医療機器開発促進のために(2)

立ち位置と重点課題の再確認を

2014/03/09 14:30
久保田 博南=ケイ・アンド・ケイジャパン 代表取締役社長(医工連携推進機構 理事)

 我が国の医療機器産業の実態はどうなっているか――。「欧米に遅れ劣った」というなら、どこに解決点を見いだすべきなのか。大きな課題はどこにあるのか。また、その対応策をどう打ち出すか、などについて考えてみることにしよう。

自社の現況把握から出発

 前回のコラムでは、製品ごとに歴史的な観点からの流れについて俯瞰した。その結果として見えた「オリジナリティーへの偏見」に関し、別の角度から切り込んでみたい。

 下図は、ごく一般的な製品化へのステップモデルを示したものである。よく目にする基本モデルには違いないが、「医療機器・健康機器産業」ならではの特徴もある。

製品化へのステップモデル(筆者が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は機器開発ステップごとの課題の抽出について焦点を当ててみよう。

 主題は、現業各社の立ち位置、しかも、各開発テーマの現状把握にある。なぜなら、意外にも当事者が見失いがちなのが、「自分の立ち位置」なのだ。今、もしも開発中のテーマを抱えているなら、この図の中でどの地点を進行中なのかを自覚することをお勧めしたい。それにより、近未来的な目標や達成するべき標的が明確になるはずだ。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング