日本のDRAM、「安すぎる」と非難され、やがて「高すぎて」売れなくなる