閉じる

スマホ、カメラ、センサ市場を斬る TSRレポート

日経テクノロジーオンライン

目次

  • 注目の5G、端末とチップセットの動向を占う

    2018年のトライアルサービス開始に向けて、5Gセルラー規格の標準化や商用化に向けた動きが、この1年間に大きく進展した。5Gは段階的に標準規格が決められることに加え、用途に応じて特徴の異なる複数の仕様が計画されている。それゆえの分かりにくさもあり、混同や誤解も散見される。以下では、5Gの規格と周波数…

  • LPWAの市場展望、端末やチップセットの動向とは

    今回は、LPWA(Low Power Wide Area)通信モジュール市場を取り上げる。LPWA無線技術は長距離や低コスト、低消費電力を特徴とする無線規格の総称である。産業用途を中心に、ウエアラブル端末やホームオートメーション、白物家電などの一般消費者向けも含め、非常に幅広い分野での採用が期待され…

  • 新規格登場のBLE、非モバイルに浸透へ

     今回は、近距離無線通信規格であるBluetooth市場の最新動向を紹介したい。新しい規格となるBluetooth 5といくつかの拡張機能が2016年12月に発表され、さらにBluetooth 5からのアップデート規格の開発も進んでいる。今後、Bluetooth ClassicからBluetooth…

  • 自動運転時代の車載カメラ、その市場動向を読む

     本稿では、市場の大きな成長が期待される車載用カメラシステムについて、市場の現状と将来展望を解説したい。

  • 5Gに向かうスマホチップ、その市場動向を読む

    今回の本コラムでは、スマートフォン向けチップセットの市場動向を解説する。スマートフォン市場は年々成熟が進んでおり、特にアプリケーションプロセッサーやOSプラットフォームの勢力争いは終息しつつある。一方、通信モデムでは5G(第5世代セルラー通信)に向けた継続的な開発が進んでおり、半導体プロセス技術の牽…

  • 注目の無線規格「LPWA」、市場動向を探る

     今回は、車載・産業分野で利用されるセルラーM2MおよびLPWA(Low Power Wide Area)通信モジュール市場の動向を取り上げる。セルラーM2Mモジュールはスマートメーターやテレマティクス、モバイルペイメント、リモートモニタリングなど、幅広い産業分野で利用されてきた。近年ではLPWAと…

  • PHEVやミラーレス車が、車載ディスプレーを変える

     車載ディスプレーは、ディスプレー市場で数少ない成長分野の一つとして注目を集めている。本稿では直視型の車載用TFT液晶ディスプレーを対象に、車載ディスプレー市場の最新動向を解説する。

  • スマホ市場は成熟も、半導体の革新は続く

     今回は、スマートフォンとそこに搭載されるチップセットの動向を解説したい。日本企業はスマートフォンの端末やチップセットでは存在感を失っているが、電子部品や製造装置などの周辺領域では依然、重要なプレーヤーが多い。スマートフォンは市場成長の鈍化が指摘されてはいるものの、そこに搭載される半導体や電子部品の…

  • 自動走行車も視野に、遠赤外イメージングが飛躍へ

     非冷却遠赤外線イメージング市場は、低画素帯ボロメーターの登場やカメラコア(Camera Core)/センサーモジュール製品の浸透に伴い、産業分野向けを中心に活況を呈している。

  • 「IoTの成功モデル」、BLE市場が活況

     2015年は、スマートフォン市場の成長が減速し、タブレット端末やパソコン市場は大幅に縮小した。この影響で、Wireless Connectivityや多くの電子デバイスにとっては停滞感の強い年となった。

  • コネクテッドカー、通信サービスの市場動向を読む

     テクノ・システム・リサーチ(TSR)ではコネクテッドカーに関する調査の一環として、自動車における通信サービスであるテレマティクスサービスの市場動向を調査している。近年、テレマティクスサービスでは自動車メーカーに加えて保険会社やフリートマネジメント事業者の参入も進む傾向にある。本稿では、それぞれの市…

  • スマートウォッチ、市場拡大のカギを探る!

     本稿ではウエアラブル端末、特に米Apple社や米Google社の参入で注目が高まるスマートウォッチの市場動向を取り上げる。Apple社の参入は市場規模拡大に貢献しており、Google社によるプラットフォームの提供はさまざまな業界からの市場参入を促している。

  • セルラーM2M市場、LTE MTCの登場で拡大へ

     今回は、自動車および産業分野向けに利用されるセルラーM2Mモジュール市場の動向を紹介する。

  • 監視カメラ編――影響力増す中国市場と地場ベンダー

     監視カメラの世界出荷台数は2013年で7000万台、2014年で9600万台と成長を続けている。2015年には1億台の突破が確実視される。この市場拡大の最大の要因は、中国において監視カメラ需要が驚異的に伸びていることだ。

  • 車室内センシングシステム編――自動運転が市場拡大の追い風

     本稿では、自動車の運転者(ドライバー)や乗員の状態を検出する車室内センシングシステムの市場動向を解説する。ドライバーや乗員の状態検出技術は、高度な自動走行技術の実現や新しい付加価値の創出に向けて、自動車のHMI(human machine interface)の一翼を担う要素として期待を集めている…

  • 車載ディスプレー編●運転支援や燃費向上技術の導入で用途拡大

     最近の車載情報機器では、運転支援装備や燃費向上技術の採用増加により、車内で表示する情報量が増加している。結果として、さまざまな箇所にディスプレーが配置されるようになった。情報表示量の増大に応えるべく、視点移動や入力方式を考慮しつつ表示箇所を統合したHMI(Human Machine Interfa…

  • 車車間/路車間通信(V2X)市場編●日米欧で2015~2017年に搭載始まる

     本稿では、市場拡大が期待されるV2X(車車間通信および路車間通信)市場の動向を解説する。V2Xは自動車と自動車(V2V)、または自動車と信号機や道路標識などのインフラ(V2I)がクラウドを通さず直接に相互通信し、効率的な交通システムの構築と自動車事故の未然防止を目的とする仕組みである。長期的な観点…

  • 非冷却遠赤外線カメラ市場編●車載やモバイル、EMSを起爆剤に民生分野へ浸透

    非冷却遠赤外線イメージング(カメラ)市場は、室温で動作する非冷却遠赤外線アレイセンサーが登場したことを受け、民生市場での拡大が期待されてきた。目下、車載や新規市場向けを起爆剤に本格的な拡大フェーズに入りつつある。

  • Bluetooth/WiFi市場編●モバイルに続き、IoTが市場の牽引役に

     今回は、市場成長が続くBluetooth/WiFi市場の動向を解説する。BluetoothとWiFiの市場はともに、従来の牽引役だったモバイル機器や民生機器分野に加えて、今後はウエアラブルやスマートホーム、自動車、スマートシティといったIoT(internet of things)分野への採用によ…

  • LTEスマホ向けチップセット編●中国市場の拡大でQualcommの寡占崩れる

     今回は、中国市場を中心に急増しているLTEスマートフォンとチップセット市場の動向を解説する。もともと、LTEは3Gに比べて速いペースで普及しているが、2014年から2015年にかけて市場が急拡大している。背景には、中国市場でLTEサービスが垂直的に立ち上がったこと、欧州でLTEネットワークが普及し…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る