木型の数々。
木型の数々。

 ここで、釜作りの工程をざっと挙げてみよう。

 新作釜の場合であれば、地文まで描いた紙型などでデザインを起こした後、その図を元に木型を作る。この木型を使って鋳型を作る。土と砂で作られた鋳型は粗い土から細かな土まで順に木型を回転させて作っていく。その過程で釜の大きな見所ともなる鐶付の鋳型も埋め込む。そうして甲と底、上下に分かれた鋳型ができたら、地文(釜の表面にあしらう文様)を押したり、霰(あられ)や擂茶(るいざ)などの突起を打ったり、たんぽ(水で溶いた土を布でくるんだもの)を打ち付けて肌を打ったりという装飾を施す。

 それが完了したら、鋳型を素焼きし、その中に、砂や土、埴汁(はじろ:粘土を水に溶いたもの)を混ぜたものを詰め込むなどして中子(なかご)を作る。中子を入れた鋳型に溶解した鉄を注ぎ、冷めた後、鋳型から取り出したものが釜の原型となる。

木型を回転させて、土と砂で作られた鋳型を作る。粗い土から順に細かな土に何層かに分けて型をひいていく。(写真:大西清右衛門美術館提供)
木型を回転させて、土と砂で作られた鋳型を作る。粗い土から順に細かな土に何層かに分けて型をひいていく。(写真:大西清右衛門美術館提供)

 それに焼き抜きと呼ぶ鉄の組織を安定するための熱処理を施し、漆で釜内部の底に煮え金と呼ぶ鉄片を貼り付け、中の水が沸騰する際の音鳴りを良くする。そして最後に、漆を焼き付ける。漆は鉄の保護膜の役割を果たすが、古びた風情を表現するための化粧でもある。口の形が決まってから、唐銅(からかね)などを素材に蓋を作り、それに合う撮(つま)みを作り取り付けて完成へと至る。

 手順や工程、あるいは手間のかけ具合は、作るものや作り手によって異なるが、おおむね以上のような工程を経て釜は完成する。その過程をもう少し詳しくみていこう。

 木型は、紙型や図面を木や金属に写して作る。大西は、昔から使われてきている木製のものだけでなく、精度を上げるために真鍮やアルミニウム、ジュラルミン製のものも試している。大西家には、1000口以上の、歴代の当主が残した木型が残されているが、木製だと朽ちてしまうので、それらを金属で作り直すこともあるようだ。

 制作の際は、それらの残された木型をそのまま使うこともあるし、全く新規で作り上げる事もある。新規に作る場合は、糸鋸やヤスリで精密に仕上げて行く。出来上がった木型を回転させて鋳型を作る「試し挽き」を行うことも多いし、時には溶解した鉄を流し入れる「試し吹き」まで行って微調整をする。この「デザインを起こして、試作をして、また戻って」という手順は、何度も繰り返されることが常だ。一方、既存の木型を使うケースでも、肌に施す装飾や、鐶付、蓋のデザインなどは一から作り出すことが多い。