Flash版はこちらから:Flash Playerが必要です Presented by 株式会社サキコーポレーション


新しいだけに難しい

『中川木工芸 比良工房』制作のお櫃。

 今日、桶と言うと、短冊形の側板を円筒形に並べて外側を竹や金属の箍(たが)で締めた結物(ゆいもの)のことを指す。この結物が、日本で水などの液体を入れる容器として全国的に使われ始めたのは室町時代。庶民の生活必需品として広まったのは、江戸時代初期以降といわれている。もちろん、それ以前から同じ機能を果たす器はあった。木を幅広く薄く剥いで筒型に丸め、樹皮などで綴じ合わせた曲物(まげもの)という入れ物である。わっぱや蒸篭(せいろ)を思い浮かべるとわかりやすいが、主に熱や蒸気を加えて木のごく薄い板を円形に曲げて作る。

 さらに、木を刳りぬいて作る刳物(くりもの)と呼ばれる容器もある。木皿や杓子などがその典型だ。これが技術的に発展し、ろくろを使って作られるようになると、器に深みや丸みが出て、お椀に代表されるような挽物(ひきもの)ができる。曲物も刳物も挽物も、弥生時代にはすでに技法が成立していたといわれ、いずれも木工容器として結物より長い歴史を誇る。

刳物は木材を鑿(のみ)などで刳って凹部を設ける方法で作製した器。写真は時代を経て艶やかに育った刳物だが、何に使ったものだろうか。白洲正子氏遺愛の品である。

 通常、新しく発明されたものはそれ以前のものに比べて丈夫で機能的にも優れ、しかも材料を効率的に使って作ることができるように工夫されているものだ。そのかわり、作るのにより複雑で高度な技術を必要とする。そのゆえに、世に出るまでに時間がかかったと言ってもよいだろう。木工容器の中では比較的新しい桶も、複数の側板をつなぎ合わせるという複雑な構造を採用しており、それを作るには独自の技法を確立する必要があった。割鎌や銑(せん)、正直台など独自の道具も、この困難さを乗り切るために考案・開発されたものといえるだろう。

 高度な技に裏打ちされた複雑な構造だからこそ、ほかの容器より利点も多い。たとえば曲物は1枚の側板を横にして丸めて作るので、その側板の幅がそのまま容器の背丈になる。このため大きな容器を作るのは困難だ。ところが結物の場合は、側板の幅ではなく高さが容器の背丈になる。側板を長く取ればそれだけ大きな容器を作ることができるのだ。大きくすればそれだけ多くの水を入れることになり、その重さ、さらには上げ下げの衝撃に耐えなければならない。この点でも、複数の板を金属性などの箍で締め上げた構造の方が強度を高めやすい。