ホンダは、2013年6月21日に発売した「アコードハイブリッド」に搭載するガソリンエンジンの正味燃料消費率(BSFC)の最も低い値が214g/kWhに達したことを明らかにした。最大熱効率は38.9%と計算できる。量産エンジンとしてこれまで世界最高とみられたトヨタ自動車「クラウン」のHEVに搭載する「2AR-FSE」の38.5%を0.4ポイント上回った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!