ホンダは2008年11月6日、4代目となる新型軽自動車「ライフ」を発表した。新開発プラットフォームの採用で車両質量を約40kg軽量化したほか、エンジンの改良で燃費(10・15モード)は1km/L向上させた。軽自動車として初めてバックモニターを1部車種を除いて装備する。先代で導入した駐車支援システム「スマートパーキングアシストシステム」は、前進時だけでなく後退時にまでステアリング操作を自動化したことで使い勝手が向上した。発売は2008年11月7日。月間販売目標は1万3000台。八千代工業の四日市製作所で生産する。価格は94万5000円から。バックモニター搭載グレードは103万4250円から。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!