パナソニックは、大型建造物の屋根材などに使用する耐酸被覆素材・技術のパートナーの開拓を強化する。

鉄と樹脂で構成され、ステンレスと比較して加工性が高く、価格はステンレスより安い。被覆する樹脂の成分を調整することで、通電性や絶縁性、電磁波吸収、断熱、遮音など様々な機能を付加したり制御したりできる。

応用分野は幅広く、建材に加えて自動車や液晶、電池、半導体、エネルギー、医薬、バイオ、船舶、食品、農業など。単なる部材売りでだけではなく、ソリューションビジネスとして提案することも検討する。

被覆成分を調整する事で様々な機能に制御可