Microchip、コードを別々に設計してシームレスに統合できる
デュアルコアdsPIC(r)デジタルシグナル コントローラを発表

高性能とリアルタイム制御向けに最適化されたdsPIC33CHファミリ

2018年6月26日[NASDAQ: MCHP] — Microchip Technology Inc. (日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、ハイエンドの組み込み制御アプリケーション向けに2つのdsPIC DSCコアをワンチップに統合したデジタルシグナル コントローラ(DSC)新製品を発表しました。dsPIC33CHは1つのコアがマスタとして動作する間、もう1つのコアがスレーブとして動作するように設計されています。マスタコアがユーザ インターフェイス、システム監視、通信機能を実行している間、スレーブコアはリアルタイム処理が求められる制御コードを実行できます。dsPIC33CHは、各コアのコードを別々の設計チームが別々に開発し、これらをシームレスにワンチップに統合できるように設計されています。詳細はwww.microchip.com/dsPIC33CHを参照してください。
dsPIC33CHファミリは高性能デジタル電源、モータ制御等、先進のアルゴリズムを必要とするアプリケーションに最適化されています。これには非接触給電、サーバ用電源、ドローン、車載センサ等のアプリケーションが含まれます。例えばデジタル電源では、スレーブコアで大量の数値計算を必要とするアルゴリズムを管理しながらマスタコアでPMBus™プロトコル スタックとシステム監視機能を管理する事でシステム全体の性能と応答性が向上します。負荷をワンチップ内の2つのDSCコアに分散させるとスイッチング周波数の高周波化を通じて電力密度を高める事ができ、先進の小型部品が使えます。dsPIC33CHファミリはシステムのライブ アップデートをサポートしています。この機能は、動作中断なしにファームウェアを更新する必要のある電源アプリケーションで特に役立ちます。
車載ファンまたはポンプでは、スレーブコアで速度/トルクのリアルタイム制御を管理し、マスタコアでCAN FD (Flexible Data Rate)通信、システム監視、診断を管理します。これら2つのコアはシームレスに協調動作し、先進のアルゴリズムによって効率と応答性が向上します。また、dsPIC33CHの各コアは(1)コンテキスト切り換え可能なレジスタの追加による割り込み応答の向上、(2)デジタルシグナル プロセッサ(DSP)性能を高める新命令、(3)命令実行速度の向上により、従来のdsPIC DSCコアよりも高い性能を達成しています。
「リアルタイム処理の必要な制御コードとアプリケーションのその他のコードを別々のチームで開発している場合、これらのソフトウェアを統合する事が最大の課題の1つであるとの声が寄せられています」とMicrochip社MCU16部門副社長のJoe Thomsenは述べています。「こうしたソフトウェア統合を簡単にし、大量の数値計算を必要とするアプリケーション向けに性能を最適化する事を目標にこのデュアルコア製品を開発しました。」
dsPIC33CHファミリは、小型の5x5 mmパッケージにCAN-FD通信等これまで以上に多くの機能を統合しています。システムコストと基板面積を削減するため、各コアに高速ADC、波形生成機能付きDAC、アナログ コンパレータ、アナログ プログラマブル ゲインアンプ(PGA)、高分解能パルス幅変調(PWM)ハードウェア等、先進の周辺モジュールを内蔵しています。2つのコアがそれぞれ専用の周辺モジュールを備えているため、コア同士を相互に監視するようにプログラムして機能安全を実装すると、堅牢なシステムを容易に設計できます。
詳細はMicrochip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、Microchip社の直販サイトmicrochipDIRECTをご利用頂くか、Microchip社の正規販売代理店にお問い合わせください。

開発サポート
dsPIC33CHを使った設計には、無償のMPLAB(r) X統合開発環境(IDE)やMPLAB Code Configuratorを含むMicrochip社のMPLAB開発エコシステムが使えます。

dsPIC33CH Curiosityボード(製品番号: DM330028)は、多機能なプロトタイプを短期間で作成できる低コストで柔軟なプラットフォームです。Microchip社のMCLV-2およびMCHV-2/3システムには、モータ制御プラットフォーム向けdsPIC33CHプラグイン モジュール(PIM)(製品番号: MA330039)が使えます。Explorer 16/32開発ボード(製品番号: DM240001-2)には、汎用プラットフォーム向けdsPIC33CH PIM(製品番号: MA330040)が使えます。

在庫/供給状況
dsPIC33CHは8種類のパッケージで提供いたします。ピン数は28~80、最小パッケージサイズは5x5 mmで、フラッシュメモリ容量は64~128 KBです。
dsPIC33CH Curiosity開発ボード、モータ制御開発ボード用のdsPIC33CH PIM、Explorer 16/32ボード用のdsPIC33CH PIMは本日より提供を開始いたします。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください(掲載に許可は不要です)。
•アプリケーション画像: www.flickr.com/photos/microchiptechnology/27809775338/sizes/l
•製品画像: www.flickr.com/photos/microchiptechnology/27809779978/sizes/l
•ブロック図: www.flickr.com/photos/microchiptechnology/41283132674/sizes/l
動画はYouTubeでご覧頂くか、報道関係専用窓口までお問い合わせください。

Microchip社について
Microchip社(NASDAQ:MCHP)は、マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであり、全世界で数千を超える各種アプリケーションで、低リスクの製品開発、総システムコストの削減、迅速な商品化の実現に貢献しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社のウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。

###

Note: Microchip社の名称とロゴ、Microchipロゴ、dsPIC、MPLABは米国およびその他の国におけるMicrochip Technology Incorporatedの登録商標です。その他本書に記載されている商標は各社に帰属します。