この度、ヴァイサラ株式会社は2019年5月22日(水)~24日(金)に
東京ビッグサイトにて開催される「第67回電設工業展」に出展致します。

会期: 2019年5月22日(水)~24日(金)
開場: 東京ビッグサイト 西1ホール
ブース番号:1-76
事前登録サイト
https://f-vr.jp/jeca/jecafair2019_jizen/

JECA FAIR 2019(第67回電設工業展)出展の展示ブースでは、ヴァイサラの「Optimus™(オプティマス) 絶縁油中ガス・水分オンライン監視装置OPT100」をご紹介いたします。Optimus™ OPT100は電力用変圧器内等の絶縁油中の溶解ガスや水分の含有量をオンライン監視する装置です。

変圧器内の絶縁油中に発生した溶解ガスの種類や含有量のトレンドを監視することにより、内部で発生した変化を検知して、トラブルを未然に防いだり早期対応に役立てることができます。また、絶縁油内の溶解ガスの含有量を把握することで効率的なメンテナンス計画を立てることが可能となります。

変電所で使用されるオンライン監視等のデバイスの数は増加傾向にあり、デバイス間の自動化と通信性能の要求水準はきわめて高くなっています。

2019年3月よりOptimus™ OPT100の機能が拡張され、Modbusに加えてDNP3とIEC 61850プロトコルにも対応しました。IEC 61850は変電所で使用されるデバイスのための通信プロトコルの最新の国際標準規格です。様々なメーカー製のデバイスの間で、従来よりはるかに高度な自動化を低コストで行うことができます。IEC 61850に対応することで、監視ネットワークに接続されているあらゆるデバイスから、Optimus™ OPT100の計測結果とガスアラートステータスを自動的に読み込むこともできます。IEC 61850対応は、Optimus™ OPT100のオプションとして2019年3月から購入できるライセンス機能です。IEC 61850オプションを選択してご注文いただくことで、Optimus™ OPT100デバイスが将来にわたって最も柔軟な最新の通信プロトコルに対応することができます。
=================================================
<出展者プレゼンテーションセミナー開催のお知らせ>
演題 「Optimus™ 絶縁油中ガス・水分オンライン監視装置の技術と事例」
日時: 5月25日(金)12:00-12:30
場所: 西ホール アトリウム出展者プレゼンテーションセミナー会場
講演者: ヴァイサラ(株) ビジネスデベロップメントマネージャ 荒井良隆

経年劣化が進む変圧器をオンラインモニタリングするための新技術として、
変圧器中の油中溶解ガス・水分を常時監視するOptimus™OPT100の技術と、実際の使用事例をご紹介いたします。赤外線吸収法と真空ガス抽出法の解説だけでなく、実際のユーザーインターフェイスについてもご説明します。

展示会場、セミナー会場で皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

アポイントをご希望される場合は、より詳細なご提案を
準備させていただきますので事前にご来場日時と内容等をお知らせいただければ幸いです。

=================================================
「Optimus™(オプティマス) 絶縁油中ガス・水分オンライン監視装置OPT100」特徴について

1. 真空抽出法
変圧器内の絶縁油より真空抽出法で溶解ガスを抽出します。
2. フルスキャン技術
ヴァイサラのコア計測技術に基づいた光学系IR(赤外線)センサを使用して全測定成分の波長についてフルスキャンを行います。
3. メンテナンスフリー構造
ハウジングは、ステンレス鋼管、IP66クラスで、ハウジング内部は温度制御されています。オイルやガスと接触するパーツやパイプには、ステンレスまたはアルミニウムを採用しています。また磁気駆動式ポンプおよびバルブにより、優れた性能と耐久性を実現しているため、Optimus™OPT100には定期交換部品や消耗品は基本的にありません。
4. 常時監視としての活用
ブラウザベースのインターフェースを使用しています。また、デジタル通信やリレーを介し既存の制御/監視システムとの接続も可能です。データはOptimus™OPT100 内に保存されます。

ヴァイサラ株式会社 マーケティング
101-0051東京都千代田区
神田神保町一丁目105番地
神保町三井ビルディング16階
Tel 03 (5259) 5965 Email marketing.japan@vaisala.com

OPT100製品内部
フルスキャン技術
計測項目とコア技術