技術資料
『データ収集システム入門』

データ収集システムの目的は、評価、モニタリング、制御を行うための有用な測定データを収集することです。アプリケーション特有のパラメータにより、データ収集システムの分解能、確度、チャネルカウント、速度の要件が決まります。市場には、低コストのUSBモジュールからベンチトップ型データロガー、さらには大規模チャネルシステムまで多様なデータ収集コンポーネント/ソリューションがあります。データ収集ソリューションの調査を開始する前に、注意深くアプリケーション要件を分析し、どの程度の機能と性能を購入する必要があるのかを把握しなければなりません。

本記事では、ニーズに適したシステムを選択するために、代表的なデータ収集システムを構成するコンポーネントの概要を紹介し、コンポーネントの種類と構成の違いによって生じる長所/短所を説明します。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード