技術資料
『充電・放電中のバッテリー温度のプロファイリング』

バッテリーの温度プロファイリングが重要な理由

充電と放電の電流によりバッテリー温度が上昇し、温度はバッテリーの寿命と充電容量に直接影響を及ぼします。バッテリーは、室温になっていると効率が高く、通常の寿命が維持されます。バッテリーを低温に曝すと容量が著しく減少し、室温以上にすると寿命が短くなります。極端な温度に曝すと、バッテリーは、液漏れ、発煙、発火、爆発など、いくつかの段階で破損します。メーカーは、各段階の破損が生じる温度を判断するために、しばしば過度の使用によるテストを行います。バッテリーが発煙や発火を伴って破損する場合、急激な放電と大幅な温度上昇を引き起こす短絡が通常の原因です。そのため、新しいバッテリーには、外部の短絡を避けるために、ヒューズとして機能する追加の保護が加えられています。

この技術資料では、充電・放電中のバッテリー温度のプロファイリングを解説します。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード