技術資料
『適切なデータ収集システムの選択を行う温度のデータロギング』

温度を測定するには多くの方法があります。最も簡単な方法は、被試験デバイス(DUT)に測定プローブを挿入して、その時点のそのポイントでの温度を測定することです。

では、以下のように、もっと高度な機能が必要な場合はどうしますか?

・DUTの複数の場所で温度を測定したい場合
・10時間に渡って毎分測定するなど、定期的に温度を測定したい場合
・0.05°Cのように正確な温度測定が必要な場合
・一定のしきい値を超える温度変化をトリガとするアラームシステムを設定したい場合
・電圧、電流、抵抗の測定を温度測定と同時に行いたい場合
・複雑なプログラミングなしで測定を設定してテストを自動化したい場合

この技術資料では、適切なデータ収集システムの選択を行う温度のデータロギングを解説します。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード