技術資料
『バッテリー充放電の温度プロファイルに用いる場合のDAQデータロガーの選択方法』

温度プロファイルが重要な理由

消費者向けモバイルデバイスがますます普及するにつれて、特にバッテリーの充放電中の温度測定が重要性を増してきました。大まかな目安として、電子機器では10 °C温度が上昇すると、平均的な信頼性が50%低下すると言われています。つまり、温度を10 °C下げることができれば、信頼性が2倍になるということです。すなわち動作温度を10 °C低くできれば、期待される平均故障間隔(MTBF)が2倍長くなります。

電流の充放電によりバッテリーの温度が上昇し、温度は長期的にはバッテリーの寿命と充電容量に影響を与えます。バッテリーは、室温で効率が高い傾向があり、通常の寿命を維持できます。しかし、低温では容量が大幅に減少し、一方、室温以上に温度が上昇すると寿命が短くなります。極端な温度下では、バッテリーは、液漏れ、発煙、発火、爆発など、いくつかの段階を経て破損します。メーカーは多くの場合、異常な使用条件でテストし、各段階の破損が発生する温度を把握します。

本書では、バッテリー充放電時の正確な温度を測定するためのテスト機器を選択する方法について説明します。これにより、適切な容量と寿命のトレードオフを決定して、製品/デバイスの信頼性を向上させることができます。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード