技術資料
『高速の熱特性評価と電子機器のテスト-製品開発中の時間を節約そしてコストを削減』

高速の熱特性評価が必要な理由

熱特性評価のプロセスは、多くの場合手間のかかる作業です。そのためには、複数の温度ポイントの配線設定をはじめ、電圧、電流、抵抗などの別の種類の信号の測定も必要となります。プロトタイプ製品の特性を正確に評価するには、統計的に結果を裏付けることができるサンプルサイズをテストする必要があります。製品の開発段階が終了するまで、プロセスを何度も繰り返さなければなりません。

よって、高速の熱特性評価プロセスは以下の点で役立ちます。

• 製品の熱特性について、素早く初期の定量的情報が得られる
• 製品のトラブルシューティングを終了するまでの時間がかからない
• 多くの反復や包括的なテストが柔軟に行える

この技術資料では、熱特性評価とテストの重要性、プロセスを迅速に進めるための実践的な手順などを解説します。

[このPR Newsの情報をもっと見る]ボタンからお進み頂くと、無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

無料ダウンロード