物流現場の深刻な人手不足。
その解決策としてAGVの導入が進んでいます。

人とロボットが協働する現場が増えることで、これまで以上に安全対策が求められています。

人の安全を確保するため取り付けているセンシング機器には、検知できる範囲や高さに制限があり、突発的な接触に素早く対応できない場合があります。

オペレータの怪我や積荷破損を防止するため、IDECが提案する「一歩先の安全対策」とは…?