トレーサビリティを確保するためには、コードリーダなどの設備が必要になります。

コードリーダの設置箇所は、SEMI規格E15.1で定められておりスペースは狭く、コードよりも低い位置に設置されます。
  
IDECの「小形で、斜め下からでも確実に読み取れるコードリーダ」はトータルコスト削減とトレーサビリティの実現を両立します。