「回路の設計をいかに無駄なく、コンパクトに実現するか」は、工作機械を設計される方にとって重要なポイントの一つです。

目的は、機器設計のレイアウト自由度確保や装置自体のコストダウンのためです。

しかし、本来必要のない接点数を装置に組み込まれていたケースも多いのではないでしょうか。