マドリード工科大学(UPM)土木工学部の構造工学グループは、コンクリート構造物が岩石の落下にさらされたときの耐久性の検証を行う、コンクリートビームの耐衝撃性分析を実施しました。その試験機にはHBMの圧電式力センサが使われています。