1台のセンサで高速/低速の2領域を高精度に見たいと感じることはありませんか?一般的に利用されている"デュアルレンジ"トルクセンサでは低レンジ側で信号を増幅するためノイズが増え、ヒステリシス、ゼロ点での温度影響、寄生負荷等の、不確かさが増大する可能性があります。フレックスレンジトルクセンサはこの課題を克服するためのHBM独自のアプローチであり、最新製品のT12HPはその代表的なモデルです。フレックスレンジについての詳細はリンク先ページ中央の動画でご確認ください。