国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と高効率モータ用磁性材料技術研究組合(MagHEM)は、新規磁性材料の特性を考慮した家電、産業機械、自動車などのモータの設計および評価を行い、エネルギー損失を従来比40%削減、パワー密度を40%向上させるモータの実現を目指しています。HBMのソリューションはMagHEMの超高精度モータ損失分析装置に利用されています。今回の最新技術資料は日本から世界へ発信する初のケーススタディです。ぜひご一読ください。

【NEDO/MagHEM】
エネルギー損失を大幅削減する高効率モータの実現へ