計測技術の世界で最も頻繁に計測される物理量は温度です。そのため、このタスクを実行するために様々なセンサおよび計測方式が存在します。温度を計測する最も一般的な方法は、熱電対を使用することです。本文では、熱電対の概要を説明します。

世界中で、温度は最も頻繁に計測される物理量です。温度変化の正確な記録は、構造物の熱変動およびあらゆる種類のシステムの動的挙動を観察する場合などにおいて重要な役割を果たします。

多くの要因が温度変化の影響を受けます。これには、環境の影響(外気温)、センサの加熱、燃焼または爆発プロセス、流れ、摩擦や電流発生する機械的に動くシステム部品などが含まれます。

温度変化は、電流、ひずみ、流れまたは圧力などの他の物理量に影響します。理想的には、これらの温度依存性は、計測実行時に補償されます。この場合、温度変動による計測関連の不確実性を低減するために、正確な温度計測が不可欠です。

実機テストまたはモデルテスト中に、取得された温度プロファイルは、システムの分析と最適化に使用できます。これは、回路の冷却および加熱、材料の設計、または電気を送るためのワイヤサイズの決定に有益です。