世界のスタンダードアンプとして評価の高いHBMのデータ収集システムMGCplusが25年ぶりに待望のモデルチェンジを果たしました。初代のMGCplusの登場から、その汎用性と操作性の高さは世界の多くのエンジニアを魅了し続け、今も様々なアプリケーションで活用されています。

ご紹介する技術資料ではMGCplusの特長と、今後の開発の方向性について、製品開発を担うベテランエンジニアと若手エンジニアが意見を交わしています。