EV開発の急速展開で複雑さを増すモータテストベンチ。そこで選ばれる計測器は革新的ながらシンプルであること-既存システムに簡単に統合できる柔軟性や拡張性が不可欠です。HBMは高精度トルク計測技術を究めつつ、こうした最新のテスト要件に応える電気駆動系システムの効率評価手法「eDriveテスティング」を提案しています。

HBMのeDriveテスティング-その圧倒的なメリットとは?
・必要なすべての信号と演算値をリアルタイムに表示/記録/分析
・演算値はEtherCAT経由で出力
・追加プログラミングなしにLabVIEWと統合

ご紹介する最新技術資料はこれらの特長を活かし高い成果を上げている独立系電動モータメーカの導入事例です。