HBMの多点データ収集システムCANHEADは、静的~準静的な計測-特に長期のモニタリングや疲労試験、静的な構造試験に適し、航空宇宙や建設業界を中心に利用されています。計測点の近くにモジュールを配置できるため超多点の計測でも省配線化ができ、セットアップ工数の低減と高いデータ品質を確保できます。スタンダードアンプMGCplusや、データ収集ソフトウェアcatmanと組み合わせることにより、最大20,000チャンネルのデータ収集/分析チェーンを構築できます。