EPCのホスピタリティ・スイートでは、自動運転車に使われる業界をリードするGaNベースのLiDAR(光による検出と距離の測定)システムや家庭用ワイヤレス・パワー・システムを展示します。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は12月12日、1月8日~11日に米国ラスベガスで開催される2019年のCES(Consumer Electronics Show)で、ゲームを変える2件の民生用アプリケーション、すなわちワイヤレス・パワーと自動運転車向けLiDAR(光による検出と距離の測定)を強化するeGaN(r)技術の持つ力をデモすると発表しました。

Venetian hotelにある当社のホスピタリティ・スイートPalazzoでは、無線の世界を体験できます。コンピュータに電力を供給すると同時に、電灯や目覚まし時計に電力供給し、デジタル・アシスタントを介して通信し、携帯電話やウエアラブルを充電するために十分な電力を供給でき、しかも、どの機器も電源コードを1本も接続することなく、すべてが動作するシステムが家庭の中で使われるさまざまな民生用途をデモするために、複数のワイヤレス・パワー面を展示します。ワイヤレス・パワーがどこに向かい、この技術がどのように私たちの生き方を変えるのかを議論するために、このスイートで、当社のエキスパートたちが待機しています。

このスイートには、eGaN FETベースのさまざまなLiDARシステムも示されています。LiDAR技術は、自動運転車の「目」として機能し、倉庫の自動化や、拡張現実、ドローンといった新しいアプリケーションを次々と掘り起こす最先端技術として浮上しています。当社のスイートに来て、デモを見て、この低コストのセンサーの未来をGaN技術がどのように可能にしているかをご覧ください。

このイベント中に当社のアプリケーションのエキスパートたちとのミィーテイングに興味があるCESの参加者は、https://epc-co.com/epc/Contact/RequestMeeting.aspxにリクエストを送信することで、当社の顧客用スイートで特別にスケジュールされたセッションに参加できます。

EPCについて
EPCは、エンハンスメント・モード窒化ガリウムに基づいたパワー・マネージメント(電源管理)・デバイスのリーダーです。EPCは、最高のシリコン・パワーMOSFETよりも何倍も優れたデバイス特性を備えたエンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン(eGaN)FETを初めて製品化しました。DC-DCコンバータ、 ワイヤレス・パワー伝送、 包絡線追跡、RF伝送、パワー・インバータ、リモート・センシング技術(LiDAR)、 D級オーディオ・アンプ などの用途で、パワーMOSFETを置き換えられます。ウエブサイトは、http://epc-co.com/epc/jp/です。

eGaNは、Efficient Power Conversion Corporation, Inc.の登録商標です。