サイプレスは、自動運転時代の機能安全を支えるマイコンや電子制御システムの開発サポート体制を強化しました。

自動運転システムにおける電子制御システムは、ドライバーの代わりに運転を行うよう進化を続けています。それには、高性能だけでなく、高度の安全性が求められており、機能安全の重要度が高まってきています。

サイプレスの機能安全サポートは、要件に応じた最適な機能安全を提供するため、自動車メーカーの機能安全要件を認識した上で、電子制御システムメーカーとどのような手法で機能安全を実現するのかを検討し、電子制御システムメーカーの要求に適した製品および関連文書の提供を行えるように体系化されています。

サイプレスでは、自動車メーカー、電子制御システムメーカーとの入念なコミュニケーションを通じて、マイコンレベルでの要件定義を固め、マイコンやソフトウェア開発を実施。開発やサポートについては、第三者認証機関や業界団体などと連携し、常にISO 26262など最新の標準規格に則って、開発やサポート文書の提供を行っています。

サイプレスは、マイコンおよび開発ソフトウェア ツールに加え、メモリ、PMIC製品の機能安全サポートを提供しています。

サイプレスの機能安全に関する詳細はこちらから>>
http://japan.cypress.com/functional-safety

機能安全実現における各社の関係性