二週連続でご案内するほど、力を入れてます。
2019年2月6日(水)~8日(金) 東京ビックサイトにて開催される「日本 ものづくりワールド2019」がいよいよ開催です。
展示ブース No.西7-1 株式会社タイテック にお立ち寄り下さい。
画像処理ゾーンでは、中央に弊社の国際画像機器展や画像センシング展でお馴染みのNゲージが画像処理だけで自動運転してます。
このNゲージを撮影ターゲットに、両側から色々なカメラで、色々な処理をデモしてます。
お馴染みの車号認識から、画像つなぎ合成。ワイヤレスカメラや、ケーブル長30メートルのカメラなど、ものづくりの見える化に役立つ製品を並べます。

 本展示会で、初公開、初発表の「多焦点表示システム」は、是非とも触って体験して下さい。トレーサビリティの為に保存してある画像を、後から確認する際に、「この部分のピントが合う画像が欲しかった」が手に入るようになりました。

「触らないで下さい」ではなく、「触って下さい」とか「カメラの前に手を入れて下さい」と言う展示をしてます。このブースのKITの使命は、【人目を引く】ですので、お気軽にお声がけ下さい。
ご来場お待ちしてます。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
開発成果(ハードとソフト)
展示会デモ