お問い合わせを頂いて、「画像処理の開発をしなければならないが何から手を付けてよいかわからないので、契約だけして欲しい」とのお話を頂く事があります。

直接お会いしても、お気持ちもわかるのですが、会社対会社の契約(見積や、注文も契約の一つとして)で、成果と対価の両方は必須だと考えてます。

何かを開発しなければならない。と言う立場は想像できますがその「何か」を、弊社が考えられるほど弊社は開発以外の分野では力がありません。

「実現したい課題」を頂ければ、弊社から実現に向けてのアプローチを提案させて頂く事は、可能です。すぐに、実現手段が見つからない場合でも、実現手段の探索をアプローチの第一フェーズとして、ご提案させて頂く事も珍しくありません。この場合の「成果」は、レポートだったりする事もあります。

「何か」は、用途だったりしますが、用途を見つけられるにはマーケッティングとか、実現手段を考える部分とは大きく異なるスキルが必要かと思います。その部分でご期待頂くお気持ちは嬉しいですが、不得意(経験すら無い)分野を案内させて頂く事もお互いを知る為に重要かと思いますので、ご了承下さい。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
開発成果(ハードとソフト)
展示会デモ