年間最大二回(本業は、開発会社なので)お請けしているセミナー講師を務めさせて頂く時期になりました。

画像処理アルゴリズム開発から、その実現手段として「ソフト」と「ハード」の比較を行います。それぞれのメリット&デメリットを知る事で実現手段の選択ができるようになる事を目指しての話です。
「実習」では、課題に対して「アルゴリズム」を考えて頂きます。色々な答えが出てくるでしょう。アルゴリズムの答えは多々あるはずです。
毎回、最新情報も更新しているので、近年ではSocFPGAの話題やディープラーニングの話題にも触れます。

2018年冬の「画像処理セミナー」は、12月13日(木)に開催されます。
https://www.j-techno.co.jp/seminar/seminar-23125/
 弊社のような小規模集団ならではのソフトとハードの連携配慮などが、毎回受講者の方に好評頂いております。
生々しい日々のデバッグの苦労なども遠慮なくご質問下さい。他の受講者の方にもとても参考になる「質問」が好評です。
 アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発の時間配分は、当日の受講者の方が「聞きたい」と思われる内容を、少し濃く話をさせて頂きます。

受講をご検討の方、弊社独自に「講師紹介割引制度」もありますので申し込みの際に、「株式会社ケーアイテクノロジーの告知を見ての申し込みです」と伝えて下さい。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
開発成果(ハードとソフト)
展示会デモ