イーソルは正規のArmトレーニングパートナー(ATP)としてArm社より認定を受け、Armアーキテクチャのトレーニングを行っています。

イーソルは、リアルタイムOSやデバイスドライバなど下回りのソフトウェア開発の豊富な経験があり、多岐にわたるArm仕様のうち、ソフトウェアエンジニアにとって重要な情報は何かを理解しています。
本トレーニングでは、その経験を活かし、Arm社提供の資料に加え、イーソル独自の補足資料も用い、ソフトウェアエンジニアの視点で分かりやすく説明するコースを展開しています。

■アプローチの異なる2つのコース
【① 広く全体を抑えるコース】
初めてArmの開発を行うソフトウェア技術者向け
・Arm社より提供されたテキストに沿って、Armアーキテクチャの全体像を解説
・特に難しいポイントはイーソルオリジナルの補足資料も使用し、 2日間で効率よく説明

※受講者の声
「自力で学習するよりも、はるかに短時間で効率よくArmアーキテクチャを理解できた。」
「Armを初めて使う前に、注意すべき点やアーキテクチャの動作を知るのに良い内容だった。」
「説明が丁寧で判りやすかった。」
「Arm社テキストのほか、詳細を説明するオリジナル資料があり、良かった。」

【② 重要項目をしっかり理解するコース 《NEW!》ハンズオンコースを新設】
Armを使っているが、まだ理解が浅いと感じている若手~中堅エンジニア向け
・Arm仕様を具体的にはどのようにプログラムに適用すれば良いのか
・不具合を作り込みやすいポイントと回避する方法
・予期せぬ例外が発生してしまった時の解析ポイント

<新設コース:例外デバッグ ハンズオンコース>
これまで座学のみであったトレーニングコースに加えて、実際にデバッガを使用して例外のデバッグ手法を経験できるハンズオンコースをご用意しました。

※受講者の声
「概要だけでなく実例・経験を交えた例題や説明がされているので役に立ちました。」
「Armアーキテクチャ特有の制約について、実際にはまりそうな内容の説明があり、有益でした。」
「実用的な内容になっており開発につながりやすいと思いました。」
「演習で理解が深まりました。」
「バリア、バッファ周りの振る舞いを理解できました。」
「スタックからのトレースの方法が有益でした。」

ATPによるArmアーキテクチャトレーニングは、多岐にわたるArm仕様を、ポイントを押さえ、効率よく習得することができます。

【お問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部 Armトレーニング担当
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : arm-training@esol.co.jp