NXP社製の自動運転プラットフォーム「BlueBox」に搭載されている2つの異種アーキテクチャのSoCに、イーソルのスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」が対応しました。2つのSoCのあらゆるコアをシンプルに1つのリアルタイムOSで制御し、SoC間をシームレスに連携してまるで1つのシステムとしてアプリケーション開発を行えるため、効率的なヘテロジニアスコンピューティングを簡単に実現できます。

◆ 対応実績
・OS:eMCOS POSIX
・開発プラットフォーム:BlueBox〔NXP社製〕
・CPU:S32V234 ビジョン・プロセッサ(Arm Cortex-A53 × 4, Arm Cortex-M4 )、QorIQ Layerscape LS2084A マルチコア・プロセッサ(Arm Cortex-A72 × 8 )〔NXP社製〕

<関連資料>
IoT/M2M展でご提供したBlueBox対応eMCOSの関連資料を以下よりダウンロードいただけます。

▽ 展示パネル:自動運転開発プラットフォームに最適なリアルタイムOS
https://lp.esol.co.jp/iotm2m2018/esol-slide/ep-autonomousdriving
▽ 配布チラシ:自動運転開発プラットフォーム
https://lp.esol.co.jp/iotm2m2018/flyer/02_a4_autonomousdriving

<補足資料>
▽ eMCOS詳細:
https://www.esol.co.jp/embedded/emcos.html
▽ イーソル ホームページ:https://www.esol.co.jp/

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : ep-info@esol.co.jp

BlueBox対応eMCOS構成