イーソルは、子会社のイーソルトリニティおよびパートナーのオーバスと「第7回 IoT/M2M展」 に出展します。

ブースでは、「自律分散型IoT Platform -クルマやロボットを支える高い技術-」をテーマに展示します。

クルマやロボット、FA機器など様々なIoTデバイス開発において、高い安全性・信頼性と開発効率化を実現する自律分散型IoTプラットフォームと開発ツールを紹介します。スケーラブルRTOS/機能安全対応RTOSをはじめ、ROS、AUTOSAR、Linux共存などをキーワードに、自動運転やディープラーニングへの適用事例など、デモを交えて展示します。また、IoT/M2M展に合わせてこれから発表を予定している、新製品や新サービス、TRONベースRTOSプラットフォームの多数の採用事例も展示する予定です。さらにブース内にステージを設けて、弊社ソリューション紹介のライブ中継やパートナー各社によるプレゼンを実施します。これらの技術や製品・サービスにより、先進的なIoTデバイスのソフトウェア開発を包括的に支援します。

また、同時開催の「第21回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」にて、弊社社員がROSをテーマに講演します。

イーソルブースへのお立ち寄りと、イーソルによる講演のご聴講をお待ちしております。

<第7回 IoT/M2M展 概要>
◆日程:5/9(水)~11(金) 10:00~18:00 [※最終日 5/11(金)は17:00終了]
◆会場:東京ビッグサイト 西展示棟(東京・有明)
◆ブース#:西4-40
◆入場料:事前登録 及び 招待券持参の方は無料/当日入場の場合は5,000円

<イーソル講演内容>
組込みシステム開発技術展(ESEC)専門セミナー
【ES-11】AUTOSAR APとRobot-OSの動向と活用事例
◆日程 : 5/11(金) 9:30~12:20
◆タイトル:組込みシステムへのROS(Robot Operating System)適用に向けた挑戦
◆講演者 :佃 明彦(ソリューションエンジニアリング事業部 第四技術部 部長)

<イーソル出展内容>
◎IoT Platform & Tools
・省資源メニーコアを使った自動運転・画像認識システム
256コア対応RTOS「eMCOS」により、ハイパワーコンピューティングに高い信頼性とリアルタイム性を付与
・マルチ・メニーコア開発支援
Simulink(r)やレガシーなCコードから、マルチ・メニーコアアーキテクチャに最適な並列化コードを生成
モデルベース並列化ツール「eMBP」
Silexica社製ソフトウェア並列化ツール「SLX」
・LinuxとRTOSを安全に共存させる''マルチOS''環境
LinuxとTRONベースRTOS「eT-Kernel」を共存させ、ハードリアルタイムシステムとグラフィック・ネットワーク機能を生かした高機能システムの両立を実現
・AWS対応開発プロセス支援
Redmineベースの開発プロセス支援ツール「eWeaver」により、高信頼な組込みソフト開発においてトレーサビリティ確保と効率化を支援

◎Automotive Solution
・自動運転向けプラットフォーム
自動運転/自律制御システムの短期立ち上げ、開発着手を可能に
・AUTOSAR Adaptive Platform(AP)
APへの適用が可能なオーバス社製POSIX準拠「AUBIST OS POSIX版(仮称)」。GPSと車載ECUに見立てた2つのボード間のデータ送受信を実現。

◎Robotics Solution
・ROS/ROS 2エンジニアリングサービス
組込みシステムでの豊富な知見をベースとするエンジニアリングサービスで、高品質・高付加価値なロボットシステムの製品化を支援

◎Industrial Solution
・産業向けフィールドバスサポート New!
ルネサス社製R-INエンジン搭載CPU上で、Arm(r) Cortex(r)-M3側で複数のフィールドバスを切り替えて、Arm Cortex-A7/Arm Cortex-R4側のeT-Kernelと連携させるソリューション

◎Safety & Security
・脅威/安全分析ツール
サイバー脅威分析、安全分析からの安全設計と評価までを1つのツールでシームレスに連携

◎豊富な採用事例