株式会社デンソーの小型ステレオ画像センサーに、イーソルの機能安全対応マルチコアプロセッサ向けリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」をコアとするソフトウェアプラットフォームが採用されました。車載機器をはじめとする幅広い分野での採用実績により実証された高い信頼性とリアルタイム性を持つ「eT-Kernel MCE」ベースプラットフォームに加え、OSベンダならではのCPUコアやSoC、コンパイラ等に関する深い知見やノウハウを活かしたテクニカルサポートの提供により、高い安全性が求められる車載機器開発において、優れた品質と信頼性の確保に貢献しました。

小型ステレオ画像センサーに採用されたeT-Kernel MCEベースプラットフォームは、eT-Kernel MCEをコアに、統合開発環境「eBinder」、ネットワークプロトコルスタックやファイルシステム、USBスタックなどの各種ミドルウェア、およびプロフェッショナルサービスで構成されています。eT-Kernel MCEは独自の「ブレンドスケジューリング」技術により、ひとつのシステム/OS上で、高いスループットを達成するSMPのメリットと、シングルコア向けソフト資産の再利用やリアルタイム性の保証を可能にするAMPのメリットの両方を実現できます。ソフトウェア開発には、充実したOSアウェアネス機能を持つeBinderが使われています。

eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262(自動車)および IEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D 、SIL 4)のプロダクト認証を取得しています。今回、eT-KernelおよびeBinderユーザ向け機能安全対応セーフティ関連ドキュメントパッケージ「eT-Kernel Safety Package」を提供しました。eT-Kernel Safety Packageには、セーフティ・マニュアル、セーフティ・レポートなど、イーソル製品を使ったユーザシステムでの機能安全実現に関わる情報やエビデンスが含まれています。また、 イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証されています。

<補足資料>
▽ eT-Kernel MCE詳細:
https://www.esol.co.jp/embedded/et-kernel_multicore-edition.html
▽ イーソル ホームページ:https://www.esol.co.jp/

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : ep-info@esol.co.jp

小型ステレオ画像センサー