1つのSoC上において、リアルタイム性を確保しながら最新のグラフィック・ネットワーク機能を実現させたいと言う要求を多くのお客様からいただきます。そこで、イーソルのリアルタイムOS「eT-Kernel(イーティーカーネル)」と「eMCOS(エムコス)」を使い、厳しい起動・即時応答性能を求められるハードリアルタイムシステムを実現した上で、さらにLinuxの持つグラフィック・ネットワーク機能を盛り込むためのシンプルなソリューションとして、1つのSoC上でLinuxとリアルタイムOSを同時に動かすデモを、以下の2つの環境にて実現させました。

◆ インテルArria(r) 10 SoC
Arm(r) Cortex(r)-A9(1コア): Ångstrom Linux
Arm(r) Cortex(r)-A9(1コア): eT-Kernel SCE(*) Compact

◆ Zynq(r) UltraScale+™ MPSoC
Arm(r) Cortex(r)-A53(4コア): PetaLinux
Arm(r) Cortex(r)-R5(2コア): eT-Kernel SCE(*) Compact

* SCE=Single Core Edition

上記いずれも、リアルタイムOS側に万が一にもLinux側からの空間的・時間的浸食が及ばないようにソフトウェアパーティショニングが施され、その上で必要最低限のOS間通信を行うと言うセーフティなコンセプトに基づいて実装されています。またブートにおいても、まずリアルタイムOS側から起動し、リアルタイム処理をいち早く開始できるようにしています
(※現状Zynq UltraScale+ MPSoC環境でのみ実現)。

【お問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : ep-info@esol.co.jp