(株)東日製作所 英語版・中国語版トルクハンドブックvol.9 の無償配布を開始
   -製造業のトルク管理・ねじ締結の信頼性を高める最新情報を掲載。-

(株)東日製作所は2019/3/28(水)より、トルクハンドブックvol.9(英語版・中国語版)の無償配布を開始しました。

【トルクハンドブックvol.9について】
トルクハンドブックは一般的な製品カタログとは異なり、技術資料を多くまとめた製造業向けの冊子です。市販の技術書籍では「ねじ締結体設計」が多いようですが、トルクハンドブックは製造業の研究・開発/設計/生産技術/品質管理(保証)/アフターサービス業務に従事し「トルク管理」、「ねじ締結」等に関連した方々を対象とし、トルク機器の運用・管理に役立つ実用的な技術資料を数多く掲載した、他に例を見ないユニークな冊子です。

【英語版・中国語版の利用シーン】
 日本語版と対比して各言語での専門用語や表現方法が分かり易いと好評です。
 例えば、
・海外事業所とトルク管理や品質管理に関するコミュニケーションがスムーズになります。
・海外事業所の日本人スタッフが現地の作業者に説明する際の一助になります。

【vol.9における改定のポイント】技術資料・製品情報共に刷新しました。
1)最新の技術資料
例えば技術資料の4章「締付けの信頼性」では、最新の「締め忘れ防止(ポカヨケ)技術」や「データ管理手法」に加えて関連製品により事例を紹介。また6章の「計測器としてのトルク機器」では、「トレーサビリティ」や「JCSS校正サービス」に加えてトルク機器の管理方法など全面的に見直して掲載してあります。
また「トレーサビリティ」では、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 研究グループ長 大串浩司様による特別寄稿として、日本・ドイツ・アメリカのトルク計測のトレーサビリティ体系について分かり易く纏めた「トルク計測のトレーサビリティ体系」を掲載してあります。
2)最新の製品情報・製品画像・使用例画像を追加
製品情報は最新であるだけでなく、製品画像の大部分は再撮影しました。また製品の使用例画像を新たに撮影し、使い方が直感的に分かるよう工夫してあります。
3)創業70周年記念版
2019年5月に東日製作所は創業70周年を迎えます。当社の年表を「History of TOHNICHI」としてまとめました。最新の当社の情報として、一般にお見せしていない当社工場の生産現場やトルク校正室、開発現場を巻頭ページにて掲載しました。
・体裁BA5版(幅:B5サイズ、高さ:A5サイズ)として、従来と同じスタイルを継承して横幅をワイド化し大きな文字サイズで見易くなっています。またページ数は528と以前のvol8より32ページ増えましたが、用紙を吟味し厚さは約4mm少ない約20mm、質量は約20g軽い約840gとなっております。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
下の【この PR News の情報をもっと見る】をクリックすると、トルクハンドブックvol.9の無料発送お申込みページが開きます。
【お申し込みはこちら】をクリックしていただき、必要言語のハンドブックを選択、発送先をご記入ください。
※着荷まで1週間程度かかる場合があります。
※お申し込みは一人一冊でお願いいたします。
※同業者による請求はご遠慮ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業※です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より

トルクハンドブックvol.9の表紙