STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STM32(1)マイクロコントローラ(マイコン)向けのソフトウェア・パッケージであるI-CUBE-LRWANに、LoRa-Allianceが承認するLoRaWAN 1.0.3規格を実装し、更新したことを発表しました。セキュリティが強化された最新の規格に準拠することにより、このソフトウェア・パッケージは省電力広域ネットワーク(LPWAN)で動作するIoT機器の可能性を広げます。

I-CUBE-LRWANは、IoT機器に最適な超低消費電力マイコン・シリーズ(STM32L0、STM32L1、STM32L4、STM32L4+)を含む、STM32マイコン向けのライブラリおよびサンプル・アプリケーションで構成されています。また、IoT機器の開発者間で懸念が高まっているセキュリティ機能をサポートするため、ライブラリには、セキュア・エレメントSTSAFE-Aファミリを制御する専用APIが含まれており、幅広いデータ保護機能の実装が可能です。

最新のLoRaWAN 1.0.3規格では、アプリケーションの柔軟性向上のため、クラスB機器(2)向けの正式版仕様が追加されました。柔軟性と電力効率のバランスに応じて3種類のクラスから選択できるため、433MHz~928MHzのアンライセンス・バンド (免許不要な周波数帯) で動作するあらゆるIoT機器に適しています。

今回更新されたI-CUBE-LRWANには、Semtech社の新しい無線ICであるsx126x用のドライバが含まれており、同社のシールド(sx1261dvk1bas、sx1262dvk1cas、sx1262dvk1das)にも対応しています。また、STM32 Nucleoマイコン開発ボード(NUCLEO-L053R8、NUCLEO-L152RE、NUCLEO-L476RG)ならびに村田製作所社製のLoRa(r) /Sigfox™モジュール(CMWX1ZZABZ-091)を搭載したB-L072Z-LRWAN1での動作に適したアプリケーションも含まれています。そのほか、このソフトウェア・パッケージはUSI(r)社の LoRaWAN™モジュールを搭載したI-NUCLEO-LRWAN1でも使用可能です。

800品種以上で構成されるSTM32ファミリには、約300品種の超低消費電力マイコン・シリーズも含まれており、開発者には、IoT機器の性能や機能を最適化できる優れた柔軟性が提供されます。これにより、IoT機器は通信、無線識別およびGPSを使用しない位置情報の取得など、LoRaWANサービスを最大限活用できるようになります。

I-CUBE-LRWANは、www.st.com/i-cube-lrwanから無償でダウンロードできます(3)。

(1)  STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。
(2)  クラスA、クラスBおよびクラスCの機器は、すべて非同期にゲートウェイへアップリンクします。クラスA機器は、アップリンク・メッセージの同期後に2回ダウンリンク・ウィンドウを開きます。クラスB機器は、ゲートウェイからのビーコンを受信すると同期ウィンドウを開いてダウンリンク・メッセージを受信します。クラスC機器は、機器の送信時以外は常にダウンリンク・ウィンドウを開き続けます。
(3) LoRaWAN 1.0.3対応のI-CUBE-LRWANの日本対応版のリリースも今後予定しております。(LoRaWAN 1.0.2までは日本電波法対応済み)

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011