STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、電気・ガス・水道メータ以外の産業機器(スマート・シティ、街路照明、再生可能エネルギー制御、スマートな鉄道用トンネル・駅など)向けの通信プロトコルであるG3-PLCの通信規格CENELEC B認証取得済みプロトコル・スタックを搭載した電力線通信(PLC)ソリューション ST8500を発表しました。

すべてのG3-PLCの規格および周波数帯域に対応するST8500は、CENELECおよびFCC帯域でPRIME 1.3.6~PRIME 1.4までのすべてのPRIME規格に対する認証取得済みライブラリを提供しています。すべてのスタックにおいて、あらゆる分野で優れたネットワーク適用範囲を保証するための高性能ルーティング・アルゴリズムが採用されています。

European Utility Week(2018年11月6日~8日、ウィーン、Messe Wien)のSTのブース(B.p19)では、ST8500を使用したスマート・メータおよび産業機器分野の主要顧客の新製品を展示しました。

プログラム可能なST8500は、さまざまなPLC規格の変調とコーディング方式を処理する専用リアルタイム・エンジンと、上位層の処理およびシステム制御を担う電力効率に優れたArm(r) Cortex(r)-M4Fプロセッサを搭載しています。これにより、機器メーカーは、単一のハードウェア・プラットフォームで複数の市場と地域に対応することができるほか、リモート更新により、現場の資産を長期にわたって使用することができます。AES暗号化エンジンなど、スマート・エネルギー・アプリケーション向けの専用ペリフェラルも実装されている同製品は、消費電力が受信モードで100mW未満であるほか、最も厳格な業界仕様に適合しており、新しいスマート・メータによるグリッドへの負荷を最小限に抑えます。

ST8500は、内蔵されている包括的なアナログ・フロントエンド(AFE)により、STLD1ライン・ドライバに直接接続できるため、シングル・ベンダーによる実用化された完全な電力線トランシーバ・ソリューションに貢献します。また、高いドライバ性能と、シングル・エンドで18V、差動モードで36Vという広範な出力範囲にわたる高い線形性を持つ同製品は、ノイズの多いケーブルでも信頼性の高い通信を行えます。2チップの構成により、スマート・グリッドやIoT機器において、クラス最高の性能、超低消費電力、高い柔軟性およびコスト・パフォーマンスに優れたコネクティビティを実現します。

電力線通信の市場を20年以上にわたってリードしてきたSTは、G3-PLC、PRIME、Meters and Moreなど、すべての主要なPLCプロトコル・アライアンスにおいて重要なメンバーであり、主にスマート・メータ向けに約1億個のパワーライン・モデムICを提供してきました。

ST8500はQFN56パッケージ(7 x 7 x 1mm)、STLD1はQFN24パッケージ(4 x 4 x 1mm)で提供され、現在入手可能です。価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、www.st.com//st8500-stdl1-prをご覧ください。

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■バイテックグローバルエレクトロニクス(株) 03-3458-0301
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831