多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、消費電力を重視するコネクテッド機器に洗練されたセキュリティ保護を提供する、Arm(r) Cortex(r)-M33プロセッサ搭載のSTM32L5マイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。

STM32L5マイコンは、ハードウェア・ベースのセキュリティ技術であるArm社のTrustZone(r)を実装し、小型機器向けにセキュリティが強化されたCortex-M33を搭載しています。同製品は、メモリ・マップ上のセキュリティ領域でソフトウェアを保護することができます。また、セキュア・ブート、キー・ストレージ、ハードウェア暗号化アクセラレータなどの機能が追加されています。そのほか、豊富な機能と高い性能を提供するとともに、コイン電池やエナジー・ハーべスト(環境発電)で長時間駆動することができる超低消費電力を特徴としています。シャットダウン・モードでの消費電力を僅か33nAに抑え、EEMBC(1) のULPBenchで402 ULPMark-CPを達成した同製品には、電圧スケーリング、リアルタイム・アクセラレーション、パワー・ゲーティング、豊富な低消費電力動作モードなど、STM32Lシリーズで培われたSTの高度な低消費電力技術が活用されています。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるRicardo De Sa Earpは、次のようにコメントしています。「TrustZoneと専用の保護機能を搭載したSTM32L5シリーズは、小型IoT機器のセキュリティ保護を大幅に強化します。また、ST独自の低消費電力技術、豊富なコネクティビティおよびスマートなデジタル / アナログ・ペリフェラルを搭載しており、最先端のネットワーク接続型アプリケーションのホスト・マイコンに最適です。」

STM32L5シリーズには、広範なデジタル / アナログ・ペリフェラルのほか、豊富な通信インタフェース(CAN FD(2)、USB Type-C™、USB Power Deliveryなど)が搭載されており、産業用センサ / コントローラ、ホーム・オートメーション機器、スマート・メータ、フィットネス機器、スマート・ウォッチなど、多様な製品のプラットフォームに最適です。

STM32L5シリーズは現在サンプル出荷中で、2019年第2四半期に量産が開始される予定です。

STは、Arm TechCon(10月16日~18日、カリフォルニア州サンノゼ)において、セキュリティ・ソフトウェアを専門とするProve & Run社と協力して開発した、STM32L5シリーズのデモを実施しました。

Arm社のバイスプレジデント 兼 Embedded & Automotive Line of Businessジェネラル・マネージャであるJohn Ronco氏は、次のようにコメントしています。「IoT機器は、高性能・高機能化が進んでおり、強力なセキュリティ保護機能を内蔵することがこれまで以上に求められています。ArmのPlatform Security Architecture(PSA)は、セキュリティ保護機能を実装するための共通フレームワークとして、IoT機器の心臓部のセキュリティ強化を目指します。STM32L5シリーズにより、開発者は、PSAフレームワーク上で、Cortex-M33プロセッサ、TrustZone技術およびSTの優れたセキュリティ機能を持つ信頼性の高い機器を簡単に開発することができます。」

ProvenCore-MセキュアRTOSを提供するProve & Run社の創業者で、社長のDominique Bolignano氏は、次のようにコメントしています。「STと協力してデモの開発を行ってきた当社は、最新のサイバー攻撃からコネクテッド機器を保護するために、STM32L5のハードウェア機能を活用してセキュリティを強化する方法を明確に理解しています。」

詳細については、www.st.com/wbcをご覧ください。

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■バイテックグローバルエレクトロニクス(株) 03-3458-0301
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831