・ 超低消費電力32bitマイコンと、Bluetooth 5(Bluetooth(r) low energy)およびIEEE 802.15.4の融合で、多機能なネットワーク接続機器向けの高性能無線プラットフォームを確立
・ 2つのArm(r) Cortex(r)-Mプロセッサ(メイン処理 / 無線通信用)が、スムーズなユーザ体験を実現
・ STM32開発エコシステムとの互換性が開発者に優位性を提供し、開発期間を短縮

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、デジタル家電、ウェアラブル機器、スマート照明、スマート・センサなど、次世代のスマートなネットワーク接続機器向けに、デュアル・プロセッサを搭載し、無線通信機能を内蔵した32bitマイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。この32bitマイコンは、新しい機能の追加と、性能を強化しつつ、バッテリの長寿命化により、エンド・ユーザの製品に対する満足度の向上を実現します。

無線通信機能を内蔵した32bitマイコンのSTM32WBは、メイン・アプリケーションを実行する Cortex-M4プロセッサと、Cortex-M4の負荷を軽減するためのCortex-M0+プロセッサを組み合わせ、Bluetooth 5およびIEEE 802.15.4によるリアルタイムの動作を可能にします。さらに、その他の無線プロトコル(OpenThread、ZigBee(r)など)や独自のプロトコルも実行できるため、IoT機器の接続方式の選択肢を増やすことができます。

現在、ユーザ・アプリケーションと無線を個別に管理して性能を最適化するデュアル・プロセッサと、大容量メモリの双方を備えた無線通信機能内蔵のマイコンを提供しているメーカーは今のところ少数です。また、その多くはエントリ・レベルのCortex-Mプロセッサを採用しており、アーキテクチャ上の制約は避けることができません。

STM32WBは、高性能なCortex-M4、ネットワーク処理専用のCortex-M0+を組み合わせると共に、STの超低消費電力マイコン技術を活用し、優れた無線通信性能とバッテリの長寿命化を実現しています。同製品は、通常エンジニアが設計しなければならない、アンテナへの接続に必須の回路(バラン)も内蔵するほか、大容量のユーザ・メモリとシステム・メモリ、暗号化エンジン、ユーザ・キー・ストレージによってIPを保護します。

STのグループ・バイスプレジデント 兼 マイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、次のようにコメントしています。「STM32WBシリーズは、高集積で妥協のないデュアル・コア性能を実現しました。これは、より高性能で手頃なスマート接続機器を求めるエンド・ユーザのあくなき要求に応えるために、開発者が今まさに必要としているものです。さらに、STM32開発エコシステムとの互換性により、設計上のメリットも提供されます。照明器具、フィットネス機器、医療用モニタ、ビーコン、タグ、セキュリティ機器などの新製品の開発時間の大幅な短縮に貢献します。」

STM32WBはWLCSP(最大100ピン)を含む各種パッケージで提供され、2018年第1四半期にサンプル出荷が開始される予定です。大量購入時の単価は、約1.56ドルです。

お問合せは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:
■アクシスデバイス・テクノロジー(株) マーケティング&セールス部 03-5484-7340
■クロニクス(株) 03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス STグループ 03-5462-9622
■バイテックグローバルエレクトロニクス(株) 03-3458-0301
■伯東(株) デバイスソリューションカンパニー 03-3355-7635
■(株)マクニカ ブリリアントテクノロジーカンパニー 045-470-9831