日経エレクトロニクスのお申込みはこちら

特典1

 デジタル特別編集版
「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」
      プレゼント!

デジタル特別編集版「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」プレゼント!」

全個体電池や全樹脂電池、マイクロLEDや深紫外LED、EUV(極端紫外線)リソグラフィーを用いた半導体製造技術、SiCベースのパワー半導体、人工光合成など、革新的なデバイスや製造技術が相次ぎ登場しています。こうした新型デバイスや次世代製造技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊で新型電池から新材料製造技術まで、これから実用化ラッシュを迎える新時代の要素技術をお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典2

 デジタル特別編集版
「AIスピーカーからブロックチェーンまで!
      IoTイノベーション」プレゼント!

デジタル特別編集版「AIスピーカーからブロックチェーンまで!IoTイノベーション」プレゼント!」

IoT(Internet of Things)の応用拡大が続いています。AIスピーカーの相次ぐ製品化、耳に装着する超小型コンピューター「ヒアラブル端末」の市場立ち上がり、「触覚フィードバック」機能の普及、AR(拡張現実)の技術進展、ブロックチェーンへの高まる期待など、イノベーションを生み出すような破壊的なムーブメントを、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊でハードウエアからソフトウエアまで、そしてUIからセキュリティーまで、IoTイノベーションの最新トレンドをお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典3

「日経エレクトロニクス」最新号プレゼント!

「日経エレクトロニクス」最新号

4月号の読みどころ

5Gスマホ進化論、ファーウェイの実力、2階建てになる太陽電池――4月号の読みどころ

 「5Gスマホが花盛り」――。今号の1本目の特集「5Gスマホ進化論」は、スペイン・バルセロナで2月末に開催されたイベント「MWC19 Barcelona」をいち早くフューチャーしました。今年の目玉は何といっても「5Gスマホ」。ついに製品が登場しました。もっとも、発表された値段が高いこともあり…続きを読む

5Gスマホ進化論、ファーウェイの実力、2階建てになる太陽電池――4月号の読みどころ

 「5Gスマホが花盛り」――。今号の1本目の特集「5Gスマホ進化論」は、スペイン・バルセロナで2月末に開催されたイベント「MWC19 Barcelona」をいち早くフューチャーしました。今年の目玉は何といっても「5Gスマホ」。ついに製品が登場しました。もっとも、発表された値段が高いこともあり、「今の(4G)スマホで十分」という声も聞こえてきますが、5Gスマホの注目点は外見やスペックだけではありません。スマホの枠を越えた先の展開にあるのです。

 その1つがMWCの現場で明らかになりました。国内第4の携帯電話事業者となる楽天モバイルネットワークは、2020年に提供予定の5Gサービスにおいて、EC(電子商取引)に使っている米Intel製の汎用サーバーをソフトウエア処理に活用し、ハードウエアにはスマホ技術を転用する考えを示しました。同社は、他の事業者と比べて設備投資額を大幅に削減できると主張していましたが、その理由がここにありました。

 こうした「基地局のスマホ化」を支えるキーパーツの1つが無線部品のRFICです。ここに来て、5Gスマホに向けたRFデバイスの低コスト化技術が次々と発表されています。特集の第2部では、ISSCC 2019など直近の国際学会からの発表も踏まえて、最新の技術を解説しました。

 もう1本の特集は、いまだに先行きが不透明な、中国製通信機器の排除問題がテーマです。その最大の当事者と言える華為技術(ファーウェイ)を巡る動向については、「ファーウェイ騒動の深層」と題した特集を、日経 xTECHのWebサイトで掲載しました。そこから、本誌読者の皆さまのお役に立ちそうな内容を厳選して組み直したのが、今号の特集「検証!ファーウェイの実力」です。基地局やスマートフォンばかりが注目されるファーウェイですが、同社が5GやIoTを通じて自動車などの産業界に広く浸透していることはあまり知られていません。この特集では、産業界に地位を確立した同社の実力を多面的に検証しました。

 解説の1本目は、「2階建て」という新構造の太陽電池を取り上げました。これまでの太陽電池は、単接合型と呼ばれる“1階建て”でした。その単接合型のコストパフォーマンスの限界が見え始め、その壁を突破する2階建ての「タンデム型」に熱い期待が寄せられるようになりました。というのも、タンデム型太陽電池は変換効率の向上がすさまじく、これに加えて低コストにもできる可能性が高いからです。解説「2階建てになる太陽電池、高効率と低コストを両立へ」でご確認ください。

 このほかにも、なぜかMWC19で発表した米Microsoftの新型MR HMD「HoloLens 2」、「航空機電動化コンソーシアム」メンバーが座談会形式で語る電動化のシナリオ、高密度Wi-Fiを実現する11axのLSI実装技術などの記事を掲載しています。お好みの記事からご一読ください。(編集長)

特集

5Gスマホ進化論
  • 5Gがやって来た
  • あらゆる業界に溶け込む、産業分野の秩序を破壊
  • 民生のコスト圧力が支配、中核は高集積RFチップ

特集

検証!ファーウェイの実力
  • 自動車や制御機器にも浸透、5GやIoTで大きな影響力
  • 盗聴の危険性はあるのか、技術覇権争いの側面も
  • 国際特許出願で上位独占、中国2強は“訴える側”に

解説

  • 2階建てになる太陽電池、高効率と低コストを両立へ
  • [座談会]
    航空機の電動化はいつ本格化? パワエレは高高度対策が必須
  • 世界をデータ化するMobileye、脱“半導体屋”に向けた一手

Hot News

  • 正常進化の「HoloLens 2」、視野を広げUIも改善
  • AIで材料開発の支援サービス、長瀬産業が2020年度提供へ

「日経エレクトロニクス」と同時申込がお得! 毎月100本の新着有料記事が読み放題

日経xTECH有料会員

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

さらに毎月100ページ!計9誌の情報がPDFで保存可能!

エレクトロニクス・自動車・製造分野の専門情報誌にITや建設分野の専門情報誌を加えた9誌の膨大な記事データベースから必要な記事を検索し、毎月100ページ(PDF形式)までダウンロードできます。※2002年以降掲載された記事が対象。

いま、定期購読をお申し込みの方に、3大特典をプレゼント!

特典締切:2019年4月19日(金)

日経エレクトロニクス+日経xTECH有料会員のお申込みはこちら 日経エレクトロニクス のみの
お申し込みはこちら
※ご購読の開始は、次号(2019年5月号)からとなります。